お布施も墓も「低価格化」はもう避けられない


本日はお墓参り代行を行いました。

東京海洋散骨のお墓参り代行

諸事情でお墓参りに行けない方は多いわけで依頼があれば行っております。

そんな中、本日は東洋経済オンラインでこんな話題がありました。

お布施も墓も「低価格化」はもう避けられない

中でも気になる点は・・・

・イオン、ユニクエスト・オンライン、みんれびといった葬儀費用の低料金化を推し進めてきた異業種参入組

・2009年以降、葬儀業界に新規参入してきたこの3社の特徴は、追加料金不要かつ低料金の葬儀プランを提示して集客を担う代わりに、実際に葬儀を施行する葬儀社から葬儀価格の20~25%の手数料を得るというビジネスモデル

・「小さなお葬式」ブランドを展開するユニクエストの1万4000件という年間取扱件数は葬儀業界3位の規模である。それだけに永代供養墓においても台風の目

・気になる永代供養価格はイオンとみんれびが3万5000円、ユニクエストは5万5000円。

・永代供養墓が利用できる提携寺院は60カ所と、イオン18カ所、みんれび3カ所

・3社の中で最後発のみんれびは8月6日、ベンチャーキャピタル3社(グローバル・ブレイン、住友海上キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル)から総額2.8億円の出資を受け入れた

このあたりでしょうか?

東京海洋散骨の委託代行散骨3万5000円とイオンとみんれびの永代供養3万5000円は同じ価格です。

選択されるのはご本人様かご遺族様ですのでじっくりご検討下さい。

しかし、もっと気になったのは・・・

都市への人口流入が進む一方、地方の寺は住職が高齢で跡継ぎもいない。

という点です。これは地方だけの問題ではないです。

イオン、ユニクエスト・オンライン、みんれびなどの営業に乗り永代供養を安請け合いしている寺院は本当に永代供養が可能なのでしょうか?

東京海洋散骨の提携している永代供養墓を持つ寺院は1492年開山の歴史ある東京都内の寺院です。

余程のことが無い限り永代に渡る供養が可能であり広大なスペースがあります。

イオンとみんれびの10倍くらいの料金は掛かりますが質が違います。

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

東京海洋散骨の散骨費用やお見積もり、また散骨内容についてのお問い合わせ、ご相談はこちらからお気軽になさって下さい。

東京、埼玉、千葉の遺品整理・生前整理・福祉整理はこちらをご覧下さい。

またはフリーダイヤルでお気軽にどうぞ。

東京海洋散骨への問い合わせ

関連記事一覧: